憎しみが憎しみを生む 〜パリ同時多発テロ〜 から


こんばんわ。

世界史で全国2位とった事あります

スタイリスト 小野竜之介です。(自慢です♪笑)

写真(2015-11-18 16.46)
今日は

フランス パリで起こったテロから

なぜ?を、、

歴史背景を 辿ってみたいと思います。
そもそも  なぜ中東はこんなにも我々を攻撃してくるのか。

第一次世界大戦 での 三枚舌外交 に根元があると思います。

これは イギリスが  いろんな国に いい顔したいって感じで

不誠実な外交政策を行いました。

それが

  • 1 フサイン マクホマン協定→ アラブ人に
  • 2 サイクスピコ協定→ フランス人に
  • 3 バルフォア宣言→ ユダヤ人に

これが 未だに解決しない 中東問題を巻き起こしました。

は、 アラブ人を騙してオスマン帝国打破のきっかけにし、その後の領土を

イギリス フランス ロシア で分け分け しようとした問題なのです。

map6

 フランスとイギリスが 勝手に国境を作る。

先日でもトルコ大使館の前で暴動の起こっていた クルド人問題。

これがのちに(オスマン帝国崩壊後の)クルド人が国を得られ無かった問題になった。

ちなみにクルド人は 自国を持たない、世界最大(3000万人)の民族になる。

img_0

 パレスチナにユダヤ人の国を約束した条約で イスラエル建国を認めた宣言です。

そして、 イスラム ユダヤ キリスト の聖地エルサレムを ユダヤ教に占有させるのを

認めてしまう宣言にもなりました。

この背景には、イギリス系ユダヤ人が 裏でお金を叩いて政府を動かしていた!とも言われております。

xDeSP

これで、中東の近代は むちゃくちゃに….

クルド人問題

パレスチナ問題

ここは俺の国だ〜〜〜

いや、俺たちの国だ〜〜〜〜  と中東戦争になびくのです。

(中東戦争については後日じっくりと)

この中東戦争中から アメリカも入ってきます。

標的は  イラン

当時イランは王族支配で更に 欧米に関与される事なく初めて 民主化を経験

その後 民主主義(欧米)から 妨害を受ける。

ここで生まれた言葉が

イスラム原理主義

アメリカが侵略のために作った言葉 とされています。

ここの背景には 石油=金 の問題。

これを欲しがったアメリカさんは

イラクに フセイン政権を発足!(なんとも、不思議ですよねアメリカに殺された人がアメリカによって発足しているのです)

で、イラン イラク戦争

imgNews20130924_152407

ここで利用した挙句 最後は

湾岸戦争 に発展。(クエートの進行したイラクが悪いが)(がこれも捏造?と証言者も)

そして 嘘が嘘を重ね、

不必要になった イラクのフセイン政権と 戦争!

200px-Iraq,_Saddam_Hussein_(222)

結果 イラクの民主化を進めるために フセイン大統領を処刑。

???

どういうことだ?

はじめから 彼は 利用されていただけ。。ということ。

これだけ見て(すご〜〜〜〜く省略しましたが))も

中東の方の 憎悪を抱く意味が 伺えませんか??

これを通してそもそも僕が何を言いたかったのか?

  • 実は正義と思っていること 正しいと思っていることの裏も 僕たちが知るべきだ という事
  •  戦争 権力 利益に巻き込まれるのは いつの時代も 弱者
  • 殺し合いは解決しない

結局  僕たちは自分の事以外に関心がなく

ああかわいそう で終わらしている。 それはそれでいい。

でも歴史背景や それ以外を考える事で、まず理解を深める事も必要では?

今回起こったパリ同時多発テロ。

一般人関係のないものを巻き込むテロ行為は 断じて許せません。

ヘドが出るくらい憎らしい。

自爆で神に仕えらるとか人生舐めるな。

しかし、 安易に フランス可哀想。

だけでは終わらせてはいけない…

と 更に考えさせられた。

そして風化させてはならない。

今後 世の中は 自己利益のために 人を滅ぼすのか….

と 思ってしまう。
 何が正義で何が悪なのか。

自分の意見をしっかりと持ちましょう。
両方の観点 重要だとも思いました。

神戸  尼崎 芦屋 西宮

梅田  美容師  オノリュウノスケ

オノリュウノスケ スタイリスト

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です